2016年12月22日

もんじゅ廃炉 正式決定

横断幕.jpg

もんじゅ廃炉が正式決定となりニュースでも大きく取り上げられています。
NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161221/k10010814981000.html
ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/12447192/

しかし、一口に廃炉と言っても、最低でも30年、費用は3750億円かかると政府は試算しています。2022年までに燃料棒を取り出すとしていますが、そんなにうまくいくでしょうか?
NHKニュースにあるようにフランスでは高速増殖炉「フェニックス」の解体が始まっています。2009年に運転が停止して以降、解体作業が行われていて、今年10月までに取り出せた燃料棒は30体です。詳しい作業内容は分かりませんが、7年間で30体です。300体ある原子炉の核燃料のうち、30体を取り除いたということです。

もんじゅにある燃料集合体は198本。フェニックスの詳しい内容が分からないので一概に比較はできませんが、6年で198本取り出せるかどうか疑問です。

冷却にナトリウムを使っているため、燃料棒が見えない中で作業を行わなければなりません。作業員の被ばく問題もあります。
毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20161222/ddm/003/040/107000c

ナトリウム漏れの大事故を起こしておきながら政府は、「もんじゅは技術的に問題があったのではなく、保全体制や人材育成、関係者の責任関係などマネジメントに問題があった」とふざけた総括を行い、今度は「高速炉」開発を行うとしています。

あくまで原発推進をつらぬく安倍政権に反対の声を大きくしていきましょう。

1月22日、関電本店前で行われる
「高浜原発うごかすな!関電包囲全国集会」に集まってください!

■「高浜原発うごかすな!関電包囲全国集会」
1月22日(日)
 ●前段デモ
  集合場所:大阪中之島公園女性像前(市役所南側)
  デモ出発:14:30〜 西梅田公園まで

  ●集会:関西電力本店前 16:00〜

 主催:1・22関電包囲全国集会実行委員会
 呼びかけ:原子力発電に反対する福井県民会議
        さいなら原発・びわこネットワーク
        さよなら原発神戸アクション
        さよなら原発なら県ネット
        ストップ・ザ・もんじゅ
        若狭の原発を考える会

なお、当日は「核燃料サイクルにとどめを!巨大地震が来る前に 緊急集会」もあり、
終わってから関電前に来ても十分間に合います。

核燃料サイクルにとどめを!巨大地震が来る前に 緊急集会
 1/22(日) 13:00〜15:30
 講演:広瀬隆さん
 アピール:
  青森から 佐原若子さん/福井から 中嶌哲演さん

 会場:守口文化センター「エナジーホール」(京阪守口)
 主催:脱原発政策実現全国ネットワーク関西福井ブロックなど
 ※講演終了後、京阪(中之島線)電車で21分ぐらいで関電本店前に行くことができます。


タグ:原発反対
posted by 関電包囲行動 at 12:37| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする