2017年01月03日

伊万里市長「再稼働反対は民意」

老朽原発潮時.jpg
あけましておめでとうございます。
今年も一日も早く、事故が起きないうちに、原発をとめるべく頑張っていきましょう。
1月6日から関電包囲行動開始です。

今朝の朝日新聞web版に「伊万里市長『再稼働反対は民意』 九電に不信感」という記事が掲載されました。

「九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働に反対する佐賀県伊万里市の塚部芳和市長が朝日新聞のインタビューに応じ、その理由を語った。東日本大震災後も変わらない電力会社の体質、原発抜きでも経済や生活に大きな影響がない現実などを挙げ、「再稼働反対は民意。市民の声を代弁している」と話す。原発周辺自治体の首長が「反対」を明言するのは異例だ。」そうです。ぜひ下記をクリックして読んでください。http://digital.asahi.com/articles/ASJDW5GN6JDWTIPE01P.html?rm=619

【記事の概要』
事故が起きれば立地自治体と同じように被害が及ぶとして、伊万里市は事前了解の取り決めがある立地自治体並みの安全協定を求め、2013年8月から九電と30回以上個別交渉を重ねてきた。だが九電は「先例がない」の一点張り。

それでも再稼働に反対しなかったのは「原発が止まったら市民生活がまひするかと思っていた」からだ。だが、震災から5年あまり過ぎ、原発抜きでもやっていけるとわかった。

再稼働反対は「民意ですよ。市民と接して生の声を聞いているからわかる。県議の支援者も、県議に再稼働反対と言っている。県の経済団体も再稼働と言うけど、私に苦情は言わない。国のエネルギー問題であることは百も承知。その上で、市民の安全安心の方に軸足を置いて言っている」。

原子力規制委員会は近く玄海3、4号機が新規制基準に適合すると正式決定する見通しで、九電は夏ごろの再稼働を目指す。30キロ圏の自治体(佐賀、長崎、福岡3県の8市町)の多くは規制委の審査結果や九電の説明などをもとに容認する構え。昨年12月の朝日新聞のアンケートには、塚部市長と長崎県壱岐市の白川博一市長だけが「反対」と回答している。(概要おわり)

伊万里市長が慎重しせいから、はっきり「再稼働反対」と言明したのは民意があったから。全国の反対しておられる方々とともに頑張っていきましょう。
posted by 関電包囲行動 at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

<高浜原発>隣接の自治会「反対」…1、2号機運転延長に対し

毎日新聞 2016年12月19日 01時04分に以下の記事が掲載されました。
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20161219k0000m040094000c?fm=topics
詳しくは上記アドレスをクリックして見てください。

 関西電力高浜原発(福井県高浜町)に隣接する高浜町音海(おとみ)地区の自治会が12月18日、原則40年と定められている原発の運転延長に反対する意見書を文案をもとに採択しました。近く文案をまとめ関電と県、高浜町に提出するそうです。
音海地区(11月現在136人)は、若狭湾に面した内浦半島の根元にある高浜原発に対し、半島部分を占める形で隣接しています。(地図はブログ管理人が添付)
高島町音海.jpg
地図を見ても分かる通り音海地区は高浜原発に何か事故があっても、原発の横を通らなければ逃げることができません。音海地区は、福島第一原発の大事故以後、原発への信頼が揺らいでいるときに、高浜1・2号の延長にあたって、行政や関電からなんの説明もなく、工事のトラックばかりが行きかう現状で、このように意見書を提出する決断をされたようです。この地元中の地元の意見書に対して関電も無視はできないはずです。
今からでも40年越えの高浜1・2号、プルサーマルの高浜3・4号再稼働を関電はあきらめるべきです。

みなさま、12月23、30日は関電が休みのため関電包囲行動はお休みしますが、その間に英気を養って1月6日、元気に再開しましょう。原発反対の風は緩むことなく強く吹き続けています。
※6日はミーティングのため19時終了です。午前11時頃から、ご都合のいい時間にお越しください。
kandenmap.jpg
posted by 関電包囲行動 at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

お知らせ

横断幕1.jpgみなさま、いよいよ年の瀬も押し詰まってまいりましたね。風邪などひかないように気をつけてください。

さて、今年の関電包囲行動は、12月16日が最終となります。
23日、30日は関西電力が開店していないため、関電包囲行動はおこないません。

来年は1月6日(金)が最初の関電包囲行動で、定例ミーティングのため19時に終了します。

先週12月9日の関電包囲行動→http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/329097364
ウクレレ漫談(?)から始まっています。
posted by 関電包囲行動 at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

明日(12月2日)金曜日は関電包囲行動の日です

いのちが大事.jpg11月25日の関電包囲行動
http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/325459348

 寒さが厳しくなってきましたが、寒さよりももっと怖い放射能汚染が日本全土に広がろうとしています。
環境省は6月30日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の汚染土などの除染廃棄物について、放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレル以下であれば、公共事業の盛り土などに限定して再利用する基本方針を正式決定しました。しかしこれは盛り土の耐用年数をはるかに超える170年もの管理が必要になるしろもの。環境省の試算で明らかになったのに、基本方針では「今後、実証事業で安全性や具体的な管理方法を検証する」と表記するにとどまり、管理期間には言及していません。
私たちは国によって被曝を強制されているのです。

参照:毎日新聞http://mainichi.jp/articles/20160701/k00/00m/040/063000c#csidx2b4844cec086a68bb95cb93d838d08c
Copyright

そんななか、海外では原発計画停止が相次いでいます。川内、伊方再稼働が強行され、さらに美浜3号、玄海3、4号の新規制基準の審査適合と再稼働の流れが強まっている日本ですが、リトアニア、ベトナム、台湾と、日本が原発を売り込んでいた国で原発推進の流れを断つ動きが相次いでいるのです。

日本政府を、こんなまっとうな判断ができる政府にするためには、私たちがもっともっと声を上げ続けることが大切です。

毎週金曜日の関電包囲行動に、あなたも参加してください。
誰にも強制されずマイクアピールしたい人がアピールするというスタイルです。
黙って座っているだけでももちろんOKですよ。

関電包囲行動は
毎週金曜日11時〜晩7時半ぐらいまで関電本店に対して抗議の意思表示をしています。
都合の良い時間に参加してください。

最寄駅 大阪地下鉄四ツ橋線 肥後橋/京阪中之島線 渡辺橋
kandenmap.jpg

posted by 関電包囲行動 at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

「放射線管理区域は飲み食い禁止ですよね」―山本太郎議員

2016.11.18 東日本大震災復興特別委員会での山本太郎議員発言の動画です。
3・11以降緊急事態は解除されていませんよねーで始まる追及。
ぜひ、ご覧ください。

posted by 関電包囲行動 at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする