2017年01月30日

原発産業に未来はない 廃炉にしよう!

横断幕1.jpg高浜原発動かすな!関電包囲全国集会は雨と震えるほどの寒さという悪天候にもかかわらず、出発前集会450名(デモ600名)関電本店前1000名が集まり関西電力に原発を止めよと迫りました。
以下の動画で熱気を感じ取ってください。

1・22高浜原発動かすな!関電包囲全国集会
出発前集会とデモ→https://www.youtube.com/watch?v=mPIRJ7xSSI0&t=353s
1・22高浜原発動かすな!関電包囲全国集会
関電本店前集会→https://www.youtube.com/watch?v=HxCCB6qqv1U&t=3811s

高浜原発は1月20日夜、大型クレーンが倒壊して建屋2棟の一部が損壊する事故が起こりました。クレーンメーカーがマニュアルに従った対策を取っていなかったそうです。
それで2号機の原子炉補助建屋と核燃料を保管する燃料取り扱い建屋の屋根の上にアームが倒れました。
 マニュアルには、風速が30メートルを超えると予想される場合はアームを地上に下ろし、10メートル超ではバランスを取るため、重心があるクレーンの後部を風上に向けることが記載されているそうです。

もし、建屋に穴が開くような事故だったらと思うとゾッとします。このように人為的なミスというものは、いつでもどこでも起こりえます。大事故が起こらないうちに関電は原発を廃炉にしてください。

また東芝も原発事業で数千億円の赤字を出し株価が大きく下落しました。
原発事業は東京電力福島第一原発事故の後、規制が厳しくなり、安全対策費が増えています。
米国で「シェール革命」と呼ばれる採掘技術の向上が進んで天然ガス価格が安くなり、原発は費用面で競争力が落ちています。
計画から完成まで何年もかかるため、米国では近年、寿命を迎える前に運転を停止して廃炉にする動きも出ています。

フランスではアレバが新型原発の建設コストが膨らみ経営危機に陥りました。
ベトナム政府は資金不足や住民の反発を受け、日本が受注予定だった原発の建設計画の中止を決めました。

もう原発は時代遅れ、原発に未来はありません。関電も早々に考えを改め、自身が持っている原発を全部廃炉にするよう経営の舵をきるべきではないでしょうか。

1月27日の関電包囲行動→https://www.youtube.com/watch?v=Cb_0f63luAs
             1時間9分当たりからアピール

今週金曜日も関電本店前へ来てください。
posted by 関電包囲行動 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。