2017年01月15日

大飯原発1・2号機 運転延長は無謀

tumblr_m74nxkfjjb1qi1yrpo1_400.jpg
2019年に運転開始から40年を迎える福井県の大飯原発1、2号機について、関西電力は最長20年の運転延長を原子力規制委員会に申請する方針を固めた。年内にも正式に決める見通し。安全対策費用はかかるが、火力発電の燃料費を減らす効果が大きいとみて、申請の準備を進める。(朝日新聞17年1月15日)http://digital.asahi.com/articles/ASK1D5J9YK1DPLFA00P.html?rm=311

記事を読めば分かるが、火力発電と安全対策費の差は200億円でしかない。
高浜1、2号機は3000億円、美浜は2000億円。
実際に安全対策工事を始めれば、1000億円ではすまないのではないだろうか。

そして何より危険である!

運転開始から38年、福島原発事故以来6年止まっていた原発だ。
隅々まで検査することなど、複雑に配管が入り組んだ原発でできるわけがない。

関電は無謀な運転延長をやめ、すべての原発を廃炉にし、安全な電気を私たちに提供すべきだ。
posted by 関電包囲行動 at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。