2016年12月19日

<高浜原発>隣接の自治会「反対」…1、2号機運転延長に対し

毎日新聞 2016年12月19日 01時04分に以下の記事が掲載されました。
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20161219k0000m040094000c?fm=topics
詳しくは上記アドレスをクリックして見てください。

 関西電力高浜原発(福井県高浜町)に隣接する高浜町音海(おとみ)地区の自治会が12月18日、原則40年と定められている原発の運転延長に反対する意見書を文案をもとに採択しました。近く文案をまとめ関電と県、高浜町に提出するそうです。
音海地区(11月現在136人)は、若狭湾に面した内浦半島の根元にある高浜原発に対し、半島部分を占める形で隣接しています。(地図はブログ管理人が添付)
高島町音海.jpg
地図を見ても分かる通り音海地区は高浜原発に何か事故があっても、原発の横を通らなければ逃げることができません。音海地区は、福島第一原発の大事故以後、原発への信頼が揺らいでいるときに、高浜1・2号の延長にあたって、行政や関電からなんの説明もなく、工事のトラックばかりが行きかう現状で、このように意見書を提出する決断をされたようです。この地元中の地元の意見書に対して関電も無視はできないはずです。
今からでも40年越えの高浜1・2号、プルサーマルの高浜3・4号再稼働を関電はあきらめるべきです。

みなさま、12月23、30日は関電が休みのため関電包囲行動はお休みしますが、その間に英気を養って1月6日、元気に再開しましょう。原発反対の風は緩むことなく強く吹き続けています。
※6日はミーティングのため19時終了です。午前11時頃から、ご都合のいい時間にお越しください。
kandenmap.jpg
posted by 関電包囲行動 at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。