2016年02月26日

2・25関電本店前「再稼働阻止」全国行動に300人

PAP_0584.JPG
(写真:午後4時ちかく 関電本店前)
冷気が顔をさす寒さの中、1部2部あわせて300人が集まりました。
2月24日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県、いずれも出力82・6万キロワット)が、新規制基準に適合すると認められたこともあって、プルサーマル発電の危険性を訴え、原発を一刻も早く廃止しようの声はより熱気を帯びました。

2・25関電本店前「再稼働阻止」全国行動 決議文
2・25決議文.pdf

26日金曜日の関電包囲行動は、4号機再稼働を許さない私たちの怒りを関電にぶつける日です。
関電は「弁のボルトの締め付け不備」といってそのまま再稼働しようとしていますが、汚染水漏れのトラブルを起こしたということは、それで済む問題ではありません。老朽原発だからこそこのようなことが起きたのです。今日に引き続き明日も関電本店前に抗議のために集まってください。
また、高浜現地でも抗議行動があります。

2・26(金)高浜原発再稼働阻止現地緊急行動
◆と き:13:00 ※集会後、原発ゲートへデモ
◆ところ:高浜原発から1.7km先の駐車場
◆主 催:高浜原発4号機再稼働阻止!緊急行動実行委員会
    http://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden/e/6f42e298059a5fa996ce511e5797b51c

posted by 関電包囲行動 at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。