2015年12月20日

1・9(土)福井地裁「高浜原発差止め仮処分異議審、大飯原発差止め仮処分裁判」全関西報告集会のお知らせ

1・9(土)福井地裁「高浜原発差止め仮処分異議審、大飯原発差止め仮処分裁判」
     全関西報告集会

◇講 演:鹿島啓一弁護士
     福井地裁「高浜原発差止め仮処分異議審、大飯原発差止め仮処分裁判」報告 
◆と き:15:00
◆ところ:キャンパスプラザ京都・第2講義室
     (京都駅を北へ出て、左折、西へ3分。ビックカメラ前。)
◆主 催:若狭の原発を考える会
     京都脱原発原告団(世話人会)

※集会前デモ⇒13:30 〜 14:30
       キャンパスプラザ京都前「塩小路公園」集合


<呼びかけ>

■関西在住の皆さんに訴えます!

高浜原発3、4号機について、福井地裁は、4月、人が人間らしく生きる権利(=人格権)を侵害する恐れがある
高浜原発の再稼働を差止める決定(仮処分)を行いました。

これに対して、関電は「規制委員会の審査にも合格していて安全に問題はない」などとして、司法の判断をないがしろにするかのごとく、「粛々と」再稼働の準備を進めています。

そして12月24日には福井地裁は、異議審の判断と同時に、大飯原発3・4号機再稼働差止め仮 処分請求についても判断を示しますが、西川福井県知事は「再稼働の判断は、裁判所の判断を待つとか、待たないというタイプのものではなく別だ」と述べ、知事が再稼働に同意するかどうかの判断は、裁判所の判断とは関係なく行うという考えを示しています。

■激震の前に立ち上がろう!!

地元説明会も開かず、多くの周辺自治体および住民の反対意見を無視して、非現実的な内閣府作成の高浜原発避難計画を京都、滋賀、福井の3府県は鵜呑みにし、福井県知事はすぐにでも再稼働同意を表明しようとしています。

また、高浜町長も再稼働への同意を発表しました。
私たちの反対の声を今こそ 大きく上げなければなりません!

本集会に参加を!
1・9集会ビラ↓
160109チラシ
posted by 関電包囲行動 at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。