2016年07月31日

伊方原発再稼働来月11日にも!

いのちが大事.jpg
NHKニュース ↓
http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20160730/4450351.html

伊方原発が8月11日にも再稼働される方向です。

伊方原発3号機は、ことし7月17日、原子炉の冷却水を循環させるポンプで洗浄用の水が漏れ出すトラブルがありましたが、四国電力は部品の交換で対処できるとしています。
トラブルがあったポンプは、週明けには最終的な点検まで行えるめどが立ったということで、四国電力は、その後の国の検査などが順調に進んだ場合、早ければ来月11日か12日にも3号機の原子炉を起動して再稼働させる方向だそうです。しかし、5年間停止していた原発を動かして本当にだいじょうぶでしょうか?

伊方原発は1994年12月15日運転開始から今年の12月で22年になります。燃料はウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX燃料)です。高浜1・2号は40年の老朽原発なので「まだ若い」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、MOX専用炉でなく普通の加圧水型軽水炉なので原子炉の傷みはウラン燃料より相当激しいはずです。ウラン燃料より中性子線の放出量が多いからです。そしてウランよりも核分裂しやすいプルトニウムは制御棒の効き目が弱く、それだけ過酷事故の危険性が高まります。

事故が起きた場合、ウランの20万倍の毒性を持つプルトニウムが大量に放出されます。

そして一番の問題点は逃げ場がないことです。
伊方原発は佐多岬の付け根にあり、そこから以西に住む人たち(およそ5000人)は逃げることができません。このような場合、本来原発の建設自体やめなければなりません。伊方原発再稼働をやめさせましょう。

地震は人の手で止められませんが、原発は止められます!

7月29日の関電包囲行動↓
http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/292079189
ウクレレから始まっています。
posted by 関電包囲行動 at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

お知らせ

横断幕1.jpg
今週、7月29日(金)はミーティングのため午後7時で終了します。
ご理解をお願いします。

さて、7月24日の「みんなで止めよう伊方原発・全国集会」は700人の参加で成功したそうです。
ただ、警備は違法なひどいものだったよう。反対の声を恐れている証拠ですね。

伊方原発3号機の再稼働は水漏れのトラブルがあり半月ぐらい遅れると四国電力が発表しています。
このトラブルについて若狭の原発を考える会の木原さんは「一次冷却水ポンプの故障は重大事故を招きかねません。四国電力は、『今回の水漏れは、放射性物質を含む1次冷却水を循環させるポンプの軸を洗う洗浄水の漏れであり、2つの部品(炭素製)を組み合わせた部分に隙間ができたためである』と発表しています。このようなトラブルは、ポンプの構造的欠陥の可能性が高く、四国電力が言うような部品交換では、再発の可能性もあります。
原発は万が一にも重大事故を起こしてはならない装置ですから、徹底的な原因究明と、改善策が要求されます。来月の再稼働などとんでもないことです。」と警告を発しています。

MOX燃料を使う危険な伊方原発3号機。このまま眠ってもらいたいものです。

関西電力 範囲小.jpg
posted by 関電包囲行動 at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

今日の関電包囲行動

8261.jpg2016年7月22日の関電包囲行動→http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/290108005

伊方に行っている方もありすこし少な目の人数で始まりました。沖縄へは機動隊が大量に大阪や全国各地から送られ工事が強行されようとしています。
先週どなたかがおっしゃっていましたが、関電前では原発のことだけでなく、様々な行動をされている方の話を聞くことができます。
ぜひ、毎週金曜日都合のいい時間に集まってください。

原子力委員会の田中委員長は大飯原発の基準地震動計算について、算出のやり方に無理があったことを認め「拙速だった。反省している」と陳謝。
再計算結果については「判断を白紙にする」と述べる一方、関電の基準地震動は見直さないという考えだそうです。

わけがわからない。

熊本大地震で震源地直下の地震動の正確なデータが取れたのだから、全部見直してあたりまえじゃないでしょうか。
何がなんでも再稼働するという姿勢が見てとれますね。私たちは関電と原子力委員会に命を預けてるわけじゃないので原発をなくすまで抗議を続けていきましょう。

来週金曜日、また関電前でお会いしましょう。
午前11時から午後7時くらいまで。
来週はミーティングのため7時で終了します。
関西電力 範囲小.jpg
posted by 関電包囲行動 at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

人権を認めない関経連と関電!関電を包囲しよう!

横断幕.jpg7月13日驚くべきニュースを目にした。関電の傲慢さは知る人ぞ知るところだが、いよいよここまで来たかという感じ。
 原発の運転差し止めを求める仮処分の申し立てが全国の裁判所で相次いでいることについて、関西電力前会長の森詳介・関西経済連合会会長が7月13日、「司法リスクを限りなく小さくする必要がある」と述べ、申し立てができないように法改正などを政府に求めていく考えを示したというのだ。
 関経連の会見で森氏は「仮処分は民事で扱わない、特定の裁判所でやるとか、いろいろな方法がある」と指摘。国のエネルギー政策とかかわる原発の運転をめぐる問題は仮処分申請を認めず、知的財産権を専門に扱う知財高裁のような特定の裁判所で扱うべきだなどとした。(なんとなくTPPっぽい理屈のような気がするが?)

 会見では、角和夫副会長(阪急電鉄会長)も森氏に同調して「原発を動かす、動かさないは行政訴訟に限定するなど、やり方はある」などと説明したそうだ。角氏は大津地裁が関西電力の高浜原発3、4号機の運転を差し止めたとき、3月17日の関経連の記者会見で「なぜ一地裁の裁判官によって、(原発を活用する)国のエネルギー政策に支障をきたすことが起こるのか」と述べ、「こういうことができないよう、速やかな法改正をのぞむ」と言った人物である。

 これに対し、大津地裁に仮処分を申し立てた住民側の井戸謙一弁護士は「人権侵害を緊急に救済する道を閉ざせば、憲法の『裁判を受ける権利』の否定になる。法改正まで訴えるのは、傲慢な姿勢だ」と批判している。

住民側は命の危険を感じ、生活を脅かされる危険を感じて、それを回避しようとしているだけだ。誰しも自分やそこに生活している人々の生命、生活基盤を守る権利がある。
今日の関電包囲行動で関電の人権無視にたいし抗議しよう!
関西電力 範囲小.jpg
posted by 関電包囲行動 at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

祝!川内原発停止を公約した三反園訓さん当選! 伊方再稼働をとめよう!

160628関電総会.jpgたんぽぽ舎メールマガジンに木原さんの文章が載ってました。転載します。
ここから========

鹿児島県知事選勝利
 |  原発再稼働阻止、原発全廃のためにご奮闘の皆様
 └──── 木原壯林 (若狭の原発を考える会)

 参議院選挙は、原発に反対し、戦争に反対し、憲法改悪に反対する側からは、惨敗でした。
 その一因は、多くの野党が、人々の生命、財産、人格権に直接かかわる原発を前面に掲げなかったことだと考えられます。反省すべき課題です。

 参議院選挙とは逆に、原発が大きな争点となった鹿児島県知事選では、川内原発の停止を公約した三反園訓さんが勝利し、脱原発が社会通念であることを実証しました。 希望を与える慶事です。

 一方、安倍政府は、参議院選挙で原発が争点にならなかったことを、原発推進の根拠にしようとしています。許してはなりません。

 原発全廃を突破口に安倍政権打倒を!

========ここまで

福島でも自民党は敗れています。反原発・脱原発を願う人は多いのです。
再稼働が迫る伊方で下記集会があります。

7・24(日)みんなでとめよう伊方原発!7.24全国集会
◇ゲスト:鎌田慧氏、山城博治氏、野呂正和氏
◆と き:13:30
◆ところ:伊方ビジターズハウス前(集会後、原発ゲート前に移動)
◆主 催:伊方原発再稼働阻止実行委員会
20160724伊方 表.pdf
20160724伊方 裏.pdf

20160708関電包囲行動→http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/286211568
ぐるぐるデモから始まっています。

7月8日発行のビラはこちら→関電包囲160708.pdf

★毎週金曜日は関電包囲行動へ!11:00ぐらいから19:30ぐらいまで
 ご都合の良い時間に参加してください。
 関西電力 範囲小.jpg
posted by 関電包囲行動 at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする