2016年01月29日

高浜再稼働を許さない!関電本店に集まってください

今日は関電包囲行動の日です。
1月27日の高浜再稼働を許さない!関電包囲全国行動は多くの方が集まり、1部2部合わせて40以上の団体個人が関電に再稼働をやめるようアピールしました。また、この日は東京でも関西と連帯して関電東京支社前でも反対行動が行われました。
160127高浜原発再稼働を許さない!関電包囲全国行動
https://www.youtube.com/watch?v=_vTt3vdlrIo
2016/1/27高浜原発再稼働反対!関西電力東京支社前抗議行動【1】
https://www.youtube.com/watch?v=tL1BNuzadvo
2016/1/27高浜原発再稼働反対!関西電力東京支社前抗議行動【2】
https://www.youtube.com/watch?v=0gKoLcberfg

下記は1部に集まってくる人々とユニークな看板。アピール度がすごいです。
160127-1.jpg
160127-2.jpg
160127-3.jpg

28、29日は連続して高浜現地で抗議行動がたたかわれています。
今日は関電が高浜原発を再稼働させると発表している日です。

高浜現地に行きたいけど行けない方、関電本店でも抗議したいとお考えの方は関電本店前に集まってください。たくさんの仲間が高浜に行っていますので、ふだん気になってるけど行けていないというかたもぜひ集まってください。

関電包囲行動は誰にも強制されずマイクアピールしたい人がアピールするというスタイルです。
黙って座っているだけでももちろんOK。

毎週金曜日11時〜晩7時半ぐらいまで関電本店に対して抗議の意思表示をしています。
都合の良い時間に参加してください。
【最寄駅】 大阪地下鉄四ツ橋線 肥後橋/京阪中之島線 渡辺橋

posted by 関電包囲行動 at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

明日金曜日は関電本店を取り囲もう

1DSCF9974.jpg
明日は関電包囲行動の日です。
みなさん、あたたかくしてお出かけください。
高浜3号機の再稼働が28日といわれています。
みんなの力でとめましょう。
1月15日の関電包囲行動→http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/233187614

以下に1月8日関電前でアピールされた松田さんの発言を要約して掲載します。
松田さんは再稼働仮処分の裁判をたたかっておられる方です。(小見出しはブログ管理者)
アピールに応えて高浜、大飯原発を廃炉にしましょう

【差別の構造】
 原子力発電所の定期点検のときに非常に危険な場所があるがそこを検査するとき、この目の前にある関西電力の社員たちは、そういう危険なところには一切入らない。2次下請、いや3次下請、4次下請の人たちに仕事をさせる。
彼らは、なぜそこへ行くのか?普通ではなかなか収入の良い仕事がないからだ。被曝することが分かっていても、せざるを得ない。日本の格差社会がそれを生み、安倍政権はそれを助長し、現実に非正規労働者はものすごく増えている。

 関電の労働組合は、社員をこの危険な作業に入らせないという取り決めをしていた。それで労働組合までが原発に賛成なのだ。
 今、日本の野党である民主党の応援団体は連合。連合の会長は、北陸電力の労働組合出身だ。”民主党が原発に反対するなら絶対応援しない”それどころか”落として見せる”とまではっきり言う。
 マスコミも、司法も取り込む巨大な勢力が、この原子力産業、電気産業だ。その裏にはアメリカの金持ちたちがチラホラ見えてくる。
 何にも無関心な人たちが、そういう社会を作っていく。無関心は必ず差別を生み差別社会を作る。
 社会がおかしくなって行くときに、何が起きているか、眼(まなこ)をおおきく開いて、それをよく確かめなければ、いつの間にか何も言わない私たちが、あっという間に被害者になる。被害者になってから声を上げてもどうにもならない。

【東電社員の今】
 東電福島第一原発が爆発して、もう5年目に入る。4年経って、東電の社員たちは、自らが福島へ行って除染作業をしなければならない。昔だったら組合との協定があった。ところが福島の危険なところに社員たちが行っている。関西電力さん、社員のみなさまもよく考えてください。

【差別をつくる原発】
原発が危険だから若狭湾に作ったんですね。ほんとうに安全ならば、この大阪の中之島につくればいいんです!そして危険なところで作業する人たちは、貧困層を雇う。貧困層を雇って原子炉を稼働して多くの人が病気になっていく。
 福井でもそう!多くの労働者が、最初は収入がいいので喜んで就職する。それも3人、4人、5人と自分の配下を連れて原子力発電所の作業に入ると、ものすごい実入りが良い。
 月100万はくだらない。だから、ついついその金におぼれて、繁華街に毎晩のように従業員を連れて飲みに行く。そしてあまりにも実入りが良いので、貯金なんて一切しない。
 50歳ぐらいを越えると甲状腺に異常が出てくる。そうすると体の中に白い斑点があっちこっち出てくる。そしてその斑点(が出た人)はやる気をなくしていく。ブラブラ病になる。治療しても治らない。だからあっという間に収入がなくなって、あっというまに路上生活に陥ってる。どうにもならないから何人もの人が生活保護を受けて
生活している。そういう人たちを作っていく。この産業は。

 ですから、どんなに日本が、経済が発展しようとしまいと原子力発電所は作ってはならない。絶対にやってはいけない。

【原発があるから電気代が高い】
 例えば隣の国の韓国、原子力を利用していながら、日本の電気の半額だ。そして東南アジア、タイ国。工業が発達して電気も大量に使うようになりました。そこは石炭火力発電所が主力。タイでは日本の電気の3分の1の値段。この技術を持っているのは日本でJパワーが輸出している。そこで安く使えるので、日本の主要企業もだいぶタイ国に行ってしまう。日本は原子力を使うからこそ高い。この仕組みに気がつかなければいけない。

 日本で事故が起きた後、関電も火力発電所をいっぱい動かした。石油で動かした火力発電所は、ものすごく高かったが、石炭で動かした火力発電所−舞鶴の火力発電所の単価は3.9円だった。石炭火力発電所を丁寧に動かせば、ものすごく安い値段で、電気を作って供給ができる。そして舞鶴の火力発電所はCO2もほとんど出さないように、窒素酸化物も吸収できるように、そういう設備をつけてある。窒素酸化物は大切な肥料として肥料会社に売れる。この設備を取り付けてから関電は、設備の費用を2年間で回収してしまった。

関電は内部留保金として持っていた1兆円に近いお金を、全部原発の増強のために使った。その間、原発は一切電気を起こしてなかったので今のように高い高い電気になった。ぜんぜん使うことがないようなところにお金を使っても、それをすべて電気料金に転化できる仕組みがある。これが今の関西の電気料金がものすごく高い原因だ。
北陸電力には志賀原発(石川県)2基がある。出力は2つ合わせて190万キロワット程度。志賀原発はこの5年間一切動いてないが、関電は志賀原発の電気をすべて買うという契約を結んでいる。だから北電は、動いていなくても関電からずうっとお金をもらえる。こういうしくみがいつの間にかできていることを誰も知らなかった。マスコミが何も知らせなかった。

【仮処分取り消し決定を覆そう】
 例えば福井の樋口裁判官がすごい判決を書いたとき、マスコミは樋口裁判官がおかしいという論客を連れてきて、一斉に書いた。しかし今回仮処分を取り消した林潤裁判官を非難するような新聞社はない。東京新聞がわずかに書いただけ。
林潤裁判官の決定文は本当に稚拙。(決定文の)223ページが特におかしい。上の方には規制庁が安全である(といっている)から安全だ、そして原子力発電所は壊れない、と書いてある。そしてその数段あとに、“しかし、原子力発電所は壊れるものかもしれない”
“だから避難の準備をしろ”それから“被曝の準備をしろ”、このように言う。支離滅裂。
 (最高裁判所は)林潤裁判官を含め3名も一合議体しかできないような福井裁判所に送ってきた。3人変えれば裁判はどうにもなりません。壊れることを分かりながら林裁判官は被曝の準備もしなければならないと言った。
  そんなことを許していいのか?これは完全に憲法13条違反だ。林潤裁判官は、これよりも上位にある日本の原子力基本法しか見ずに決定文を書いた。だから、あの稚拙な決定文は絶対に覆さなければならない。
私たちは昨日、金沢高裁に抗告をしました。状況は厳しいが力いっぱい闘って、この不思議な司法の在り方すら糾弾しよう。みなさんのご協力をお願いします。
posted by 関電包囲行動 at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

1・27(水)高浜原発再稼働を許さない!関電包囲全国行動のおしらせ

1・27(水)高浜原発再稼働を許さない!関電包囲全国行動
◆と き:16:00〜20:00
      (T部、16:00〜18:00 U部、18:30〜20:00)
◆ところ:関西電力本店前
      (大阪市北区中之島3丁目6番16号)
◆主 催:「高浜原発再稼働許さない!関電包囲全国行動」実行委員会
◆呼びかけ:原子力発電に反対する福井県民会議

■原発再稼働に反対する全ての皆さんに訴える!
 福島原発震災の5年後のいまも、18万人をこえる被害者たちは、被ばくの不安におびえ、暮らしや故郷を奪われたままです。にもかかわらず、原子力ムラや原子力行政は、「フクシマ」などなかったかのように再稼働へ向けてひたすら暴走しています。唯一、司法の良心を発揮した福井地裁・樋口裁判長の判決や決定までも、同地裁の他の裁判官によって覆されました。しかし、再稼働反対の国民世論は現在も過半数をしめています。
 わたしたちはもはや、国策民営の原発推進側が一方的に設定した「立地地元」のみに再稼働合意を認める枠組み自体を、けっして容認するわけにはいきません。
 高浜原発をはじめ11基の関西電力の原発は、若狭から関西2府4県の広域圏へ、その使用電力の55パーセント(最大)も送電してきました。関電のその広報が事実なら、フクシマ後の原発抜きで支障なしの電力供給をどう説明するのでしょうか。
 15万人の狭小な若狭(立地・周辺地元)と1400万人の関西広域圏(消費地元)も電力需給関係こそ、「原発必要神話」の根本的な枠組みではなかったでしょうか。フクシマの過酷な犠牲の後もなお、この関係・枠組みを不問に付したまま、再稼働を認められるのでしょうか。再稼働をこのまま許せば、立地(若狭・福井県)・消費地元(琵琶湖を擁する関西広域圏)もろともに、「被害地元」と化することはまぬがれません。
 電力自由化へ向けて放漫な関電から離脱する取り組みも含め、原発依存から抜け出すために、これまで地道に、多彩にとりくんできた大中小の団体・グループや草の根の住民・市民が協働し、高浜原発現地での全国集会(1月24日)に引き続き、関電を包囲する「再稼働を許さない」共同行動に結集しようではありませんか!
1・27ビラ→2016.01.27チラシC.pdf
福井現地1・24ビラ→2016.01.24チラシF.pdf
posted by 関電包囲行動 at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

今日の関電包囲行動

PAP_0373.JPG1月8日関電包囲行動→http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/231251790
今日は昨日より肌寒く(1月で肌寒いというのは変ですが)、夕方になると強い風が吹いてきました。
高浜原発は1月28日にも再稼働かといわれているので、明日9日と24日、集会とデモが呼びかけられています。
■ 1月9日
「高浜・大飯原発再稼働差止め裁判」全関西報告集会
 13:30〜 ビックカメラ横の東塩小路公園集合 デモ
 15:00〜 キャンパスプラザ(京都駅前郵便局となり)にて報告集会
 ★前半…仮処分決定についての報告…鹿島啓一弁護士
 ★後半…「再稼働阻止、原発全廃をこう闘う」のテーマでの討論
  共催:若狭の原発を考える会、京都脱原発原告団
 
■高浜原発再稼働を許さない!1・24(日)全国集会
 と き:14:00〜15:30  ※デモ出発15:45
    (デモは町内を練り歩き、JR若狭高浜駅前まで。16:30到着)
 ところ:福井県高浜町文化会館大ホール
 呼びかけ:若狭の原発を考える会

 ★呼びかけ文
  福島原発事故による被害は広域に及び、事故炉から約50 km も離れた飯館村も全村避難を余儀なくされま した。200 km 以上離れた地域でも、飛来あるいは海を移動した放射性物質によって被曝しています。事故 後も復旧作業や避難生活の中で亡くなられた方、自ら命を絶たれた方が多数おられます。また、多くの方が 癌や発癌の不安にさいなまれています。汚染土壌の除去・除染はごく一部の表層に限られています。
  この福島の現実は、若狭の原発で重大事故が起これば、若狭や近畿北部だけでなく、60 km 圏内にある京 都市全域、琵琶湖を含む滋賀県なども、二度と帰れない汚染地域になりかねないことを示しています。
  原発事故は、人が引き起こす災害(人災)です。また、事故の確率が高い原発、完全処理法・安全保管法 もない使用済み燃料を生み出す原発と知りながら、その原発を動かすことは犯罪です。今、戦争法案を強行 し、沖縄に基地負担を強要し、農業、医療などを犠牲にして大企業を優遇するTPP 交渉を行い、「福島原発 はアンダーコントロール(制御下)にある」と世界に向かっても嘘をつく安倍政権が、強力に原発推進を後 押ししています。高浜町、福井県も再稼働に同意しました。また、福井地裁(林潤裁判長)は、12 月24   日、高浜原発再稼働差止め仮処分決定(2015.4.14)を覆しました。関西電力は、福井地裁での審理中にも 「粛々と」再稼働の準備を進め、早速この決定を受けて12 月25 日に原子炉に燃料を装荷し、1月末にも高 浜原発3 号機を再稼働させようとしています。
  全国の皆さん!原発再稼働阻止の運動は、原発のない、未来に期待が持てる社会を実現するための運動で す。自然災害を止めることは出来ませんが、原発は人間が動かしているのですから、原発事故は人間の意志 で防止できます。反原発の運動を大高揚させ、裁判にも勝利して、原発を止めればよいのです。
  「1.24高浜原発再稼動を許さない!全国集会」に総結集し、原発再稼動反対の声を上げていただくように お願いいたします。

今日発行の関電包囲行動ビラ→関電包囲160108ブログ用.pdf
posted by 関電包囲行動 at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする